1. TOP
  2. その他
  3. 金運を上げる盛り塩の手順は?強力な浄化の効果を得られる方法を確認!

金運を上げる盛り塩の手順は?強力な浄化の効果を得られる方法を確認!

「金運を上げるには盛り塩がいいというけれど、具体的にはどうすればいいの?」
「盛り塩に使う塩の種類って何か決まりがあるの?」

金運を高めるため、手軽に実践できる盛り塩。幸運を呼び込むというよりも、邪気を払ってその場を「浄化」し、運気をリセットする効果が期待できます。

そこで、本記事では、盛り塩の効果と用いる塩の種類、盛り塩向きのアイテム、盛り塩に良い場所などをまとめました。とても手軽にできるので、ぜひ試してみてくださいね。

盛り塩に用いる塩の種類と揃えておきたいアイテム

盛り塩に用いる塩は、いわゆる「粗塩」がおすすめ。精製塩は、サラサラしすぎていて塩が盛りにくく、盛り塩としては使いにくいためです。市販されている粗塩であれば何でも構いません。

「日本製」や、神社でお祓いを受けた塩にこだわってもいいのですが、、価格が高くて盛り塩の習慣が長続きしないのでは逆効果です。食用として販売されている粗塩を購入して、盛り塩生活を始めましょう。

盛り塩をするのにもうひとつ重要なアイテムは塩を盛るための器です。真っ白い陶器製で、邪魔にならない程度の大きさが理想。丸形、あるいは八角形がよく用いられる形です。脚付きの器もよいでしょう。盛り塩をしたい場所、置きたい数分、お揃いで購入してください。

また、塩をきれいに盛りたい場合は、市販の「盛り塩セット」を使うと便利です。三角錐に整えて塩を盛ることができます。また、コーヒー用の計量スプーンなどで三角錐型のものもありますので、そちらを利用しても大丈夫です。

 

実践!金運アップの盛り塩【基本の手順】

それでは、盛り塩のやり方について、基本の手順を紹介します。

1.盛り塩に使う器やスプーンなどのアイテムをきれいに洗います。
2.しっかりと水分を拭きとり、盛り塩の形を整えるアイテム(三角錐の容器やスプーンなど)に粗塩を詰め、少し押さえて形を整えます。
3.器を、粗塩を詰めた上に乗せて手で支えた後、ひっくり返して塩を詰めた容器だけそっと取り除きます。
4.気になる場所に配置します。
5.1週間~2週間に1度取り替えます。古くなった塩は、生ごみと一緒に捨てて問題ありません。

梅雨時や夏場は空気中に含まれる水分が多くなるので、盛り塩が水分を含んで崩れてしまいがち。そのような場合は、早めに取り替えてください。毎月1日と15日に取り換える、と決めていてもよいですが、塩の状態が悪ければ早めに取り替えることをおすすめします。

 

特に金運を上げたい場合に盛り塩が効果的な場所

特に金運を上げたい場合に、盛り塩が効果的な場所があります。その場所とは「玄関」「トイレ」「キッチン」「家の中心から見て北東と南西」です。これらの場所すべてに盛り塩をする必要はありませんが、特に気を整えたいという場所に盛り塩をしましょう。

玄関の場合は、ドアの横に左右一対で置き、外から入ってくる邪気を浄化するようにします。どうしても置く場所がない場合は、シューズボックスの上などに置きますが、ドア横左右一対になるように置ければベストです。

トイレの場合は、シンクの上に1つ置いておけば大丈夫です。盛り塩が水分を含みやすいため、交換頻度は1週間が目安。トイレ掃除のタイミングで交換しても構いません。

キッチンの場合、シンクとコンロの間、作業台、出窓があれば窓際に置くと良いでしょう。調理中にひっくり返さないよう、邪魔にならない場所においておけば大丈夫です。

家の中心から見て北東は表鬼門、南西は裏鬼門。神様の通り道なので、盛り塩で場を浄化すると良い気が整えられます。ただし、その方角にちょうどよい置き場所がない場合、無理に盛り塩をせず、掃除などを念入りに行うことで気を整えましょう。

 

こんな盛り塩は危ない?金運アップのために注意したい点

盛り塩を行うとき、「枕元に置く」という方法もよく紹介されています。枕元に盛り塩を置く場合は、自分が寝ているときにひっくり返さないよう、置き場所には注意しましょう。邪気を吸った塩がベッド上にばらまかれてしまう、というようなことがないように注意してください。

また、使い終わった塩は、邪気を吸い込んでその場を浄化してくれているようなもの。再利用はあまり好ましくありません。もったいないですが、盛り塩として役目を終えた塩は生ごみとともに捨ててください。食用にしたり、バスソルトにしたりするのは避けましょう。

盛り塩以外にも使える!塩で金運アップ

盛り塩以外にも、塩を使った金運アップの方法はいくつかあります。バスソルトとして、湯船に少量の塩を溶かして入るのも効果的。ちょっと疲れたな、というときは、バスソルトを入れた湯船にゆっくりと浸かり、疲れと厄を一緒に落としましょう。

また、財布や印鑑・通帳などを保管している場所にも盛り塩を置いてみてください。金運に不要な邪気を払い、保管場所を浄化してくれるため、金運アップ効果があります。

 

金運のさらなる向上に盛り塩を上手に使おう

悪い気を浄化して、金運にとって良い気をより多く家の中に留めるために、盛り塩をうまく生活の中に取り込みましょう。盛り塩の魅力は、塩の状態が悪くなればすぐに取り換えるようにするだけで簡単に実践できる点です。金運が落ちてきた場合や、最近ついていないなと感じる場合は、盛り塩から始めてみませんか?

金運がみるみる上がる秘密の開運メソッドとは?
「金運の達人」が密かにやっている、金運を上げる秘密の開運メソッドを無料公開しています。

みるみる金運が上がっていく、この不思議なメソッドを知りたい方は、ぜひ無料登録をしておいてください。

>>今すぐ無料登録をする<<

ライター紹介 ライター一覧

kintatsu

関連記事

  • 金運を上げる食べ物・飲み物特集!モリモリ食べて運気アップ

  • 金運を上げる霊符・護符の選び方と自作or購入の判断基準

  • 金運が上がる色で運気アップ!お金が貯まるカラーとその意味を解説

  • 金運アップは靴磨きから!購入した直後と日常のお手入れ方法を解説

  • 金運を上げる玄関に!方角の調べ方と風水でおすすめの色を解説

  • 金運アップの色を通帳ケースに!素材や保管場所などの風水的な方法も解説