1. TOP
  2. 財布
  3. 100万円の帯封は金運アップのお守りになる!財布に入れておきたい縁起物特集

100万円の帯封は金運アップのお守りになる!財布に入れておきたい縁起物特集

100万円の帯封(おびふう)を見たことはありますか?財布に入れておくと金運をアップしてくれると言われ、たくさん集めている人もいる縁起物です。

今回は、帯封を入手する方法やなぜ金運アップに良いのか、など、帯封にまつわる豆知識を紹介するとともに、帯封以外にも金運アップに良いとされるアイテムを紹介します。新年に向けて、金運アップのアイテムを手に入れたいとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

 

100万円の帯封を財布に入れて金運アップ!

紙幣100枚以上を金融機関で引き出す際、新札を要望すると、紙幣100枚ごとに帯封(おびふう)と呼ばれる、紙を束ねる紙の帯が付いた状態で受け取ることができます。この帯封は、日本銀行が各金融機関へ紙幣を納入するとき必ずついてくるものです。

帯封は、紙幣100枚を束ねる「小帯」、100枚の束をさらに10個束ねるための「大帯」の2種類あり、小帯は約2cm幅、大帯は約4cm幅とサイズも決まっています。小帯を使った封の仕方もかなり厳密に決まっており、紙幣の左端から約3cmあけた位置にかけることと定められています。

大帯は、丈夫な紙質のものを縦横2本使い、中央部にかかるようにかけなければなりません。大帯の場合は、紙幣1,000枚で2本かけられることとなります。ただし、定量束ではなく端数の束(例えば3束分など)の場合にも大帯を用いて封をするため、大帯2本が必ず紙幣1,000枚分とは限らない点も知っておきましょう。

巷で縁起物として言われる「帯封」は、紙幣100枚単位にまとめている小帯のことです。1万円札なら100万円、千円札なら10万円分を、銀行でお金をおろす際に、新札に変えてもらえば入手することができます。もし可能なら、大帯を入手できればさらに強い金運が得られそうですが、千円札でも100万円が必要となるので、なかなか手に入れるのは難しいかもしれませんね。

日銀から各金融機関に出荷される際は、無印状態の帯封です。各金融機関から一般の顧客に帯封付きで渡す際は、金融機関名や渡した日付、担当者の印などが書かれます。これは、その金融機関から確かに渡した、という証明の意味合いがあるそうです。この帯封を入手するには、最低でも千円札で100枚、つまり10万円必要ということになりますね。

帯封は、作成されてからほとんど人の手を通さないまっさらな状態で、他人の影響を受けない純粋な「金の気」を含むとされています。そのため、帯封を財布に入れるだけで、財布の中に100万円入れているのと同じ効果があり、金運が上がる縁起物として扱われています。

帯封を入手するには、金融機関で同種類の紙幣を100枚分新札に両替しましょう。知り合いにお金持ちがいるなら、その方に帯封を譲ってもらうと、豊かなその人の金運を一部譲ってもらえる、とする説もあります。いずれにせよ、入手した帯封は、財布の中に入れ、さらなるお金を呼び込むように願ってみてはいかがでしょうか。

 

100万円の帯封を金運のお守りにする際の注意点

100万円の帯封を金運のお守りにする際は、いくつかの注意点があります。

  • 破らないようにする
  • カードを入れる部分など、財布の中で他のものとこすれ合わない場所に入れる
  • 大金を引き出して持ち歩くことになるため防犯に注意
  • オークションなどで販売されているものは他人の手を介しているのでNG

帯封は、破らないようにして保管しましょう。紙幣を束ねていた時に少しでも近い状態を保っておくことが重要です。財布に入れる際も、硬貨やカード類などとこすれあって劣化しないよう、カード用ポケットなどに単独で入れてください。

また、これは一般的な注意事項ですが、銀行などで帯封付きの紙幣を受け取るところを他人に見られると、帰り道に奪われる危険性があります。防犯には注意して行動するようにしてください。

オークションなどで帯封が販売されている場合があります。しかし、その場合はすでに他人の手を介している上、100万円を束ねていた帯封だという証拠もありません。あまり良いとは言えない状態です。確実に金運アップの縁起物として入手したい場合は、オークションなどを利用せずに直接金融機関で両替するようにしましょう。

100万円の帯封以外にもある!金運アップ効果の高い縁起物

ここからは、100万円の帯封以外にも金運アップ効果の高い縁起物を紹介します。いずれも、財布の中に入れておくと良いものとしてよく知られているアイテムです。

  • 縁起のいい番号の1万円札(5Z・9Z・358を含む数字など)
  • 銭洗い弁天などで清めた種銭
  • 純金
  • 蛇の抜け殻

種銭には、お金を呼び込むため財布の中にずっと入れて置くタイプと、積極的に使ってお金の巡りを良くするタイプの2種類があります。縁起の良い番号を持つ1万円札は前者です。寂しがり屋の数字を持つ番号の紙幣は仲間を呼ぶと考えられています。銭洗い弁天などで清めた種銭の場合は後者の場合が多い傾向です。お金の巡りを良くするため積極的に使用しましょう。

また、純金も、縁起物として財布に入れておきたいアイテムです。金貨など、手に届く範囲の本物を財布に入れておくことで、金運アップ効果が期待できます。

蛇の抜け殻も、金運アップ効果のある縁起物としてよく知られているものです。ただし、しっかり乾燥させてから財布に入れないとダニやカビの発生源になってしまいますので注意しましょう。

 

100万円の帯封などの縁起物で金運を引き寄せよう

100万円の帯封を中心に、財布に入れておくと金運が上がるといわれている縁起物を紹介しました。帯封は、確実に入手するため自身で金融機関へ出向いて新札への両替を依頼してください。また、その他の縁起物についても、自分で信頼できる店舗に出向いて手に入れるようにしましょう。新年に向けて、何か金運アップの縁起物を入手したいとお考えの方は、ぜひ参考にしてくださいね。

金運がみるみる上がる秘密の開運メソッドとは?
「金運の達人」が密かにやっている、金運を上げる秘密の開運メソッドを無料公開しています。

みるみる金運が上がっていく、この不思議なメソッドを知りたい方は、ぜひ無料登録をしておいてください。

>>今すぐ無料登録をする<<

ライター紹介 ライター一覧

kintatsu

関連記事

  • 金運を上げる種銭を財布に!9Z・5Zなどお札の番号や保管方法などを解説

  • 金運財布の作り方講座!種銭や使い始めの方法を詳しく解説

  • プレゼントされた財布が金運に良い理由とは?自分から贈る場合も運気アップ!

  • 財布を寝かせる効果とは?使い始めの金額や場所、寝かせる時間がない人向けの方法も解説

  • 金運が悪くなる?中古財布がNGになる理由3つと運気をアップする財布の条件

  • 金運アップにはどの色の財布がいい?素材や風水から見た財布の買い替え方法も紹介