1. TOP
  2. 財布
  3. 金運がぐんぐん上がるお札の向きって?財布への入れ方や場所も解説

金運がぐんぐん上がるお札の向きって?財布への入れ方や場所も解説

金運を上げたい場合、財布にお札を入れるときの向きや入れ方などに法則があります。毎日使うものだからこそ、金運アップにつながるようなお札の入れ方を知り、今日から早速実践しましょう。本記事では、財布に入れるお札の向きや、お金が貯まるお札の折り方など、お札にまつわる金運アップの方法をまとめました。今すぐ実践できる方法ばかりなので、ぜひできることから始めてみてください。

 

金運アップ!財布に入れるお札の向き・基礎編

お札を入れる向きについて、人物の肖像画を「上向きにする」「下向きにする」という2パターンの考え方があります。肖像画が上向きになっているとお金は出ていきやすく、下向きにするとお金は出ていきにくいと言われています。

上向き派は「出ていったお金が気持ち良く戻ってきてくれるので上向きが良い」という意見。下向き派は「お金をがっちり捕まえておき、貯めていくためには下向きが良い」という意見です。

実は、お札の向き自体は、上向き・下向きどちらでも構いません。強いて言えば、生活費として使う場合は、上向きに入れて循環して戻ってきてもらうようにします。蓄財用の財布にお金を入れる場合は、お金が出ていかない下向きでお札を入れると良いでしょう。

ただし、どちらの場合も、お札を入れる場合はすべて同じ方向に揃え、上下もそろえるようにして入れるようにしてください。きれいにそろえて入れることで、財布の中に流れる気も良くなり、自然と開運に繋がります。

 

長財布の場合、金運を上げるお札の入れ方と入れる場所はどこ?

長財布を使っている場合、お札の入れ方は細部の一番内側から1万円札、5千円札といったように、順番にお札を入れましょう。この時、一番高価な1万円は財布の内側に入れ、そこから順番に外に向かって5千円札、2千円札、千円札と種類別に並べて入れていきます。顔の向きは上下どちらでも構いませんが、すべてのお札で上下の方向と表裏をそろえるようにしてください。

 

二つ折り財布の場合、お札の入れ方は長財布とどこが違う?

二つ折り財布の場合も、お札の入れ方や向きの考え方は、長財布とほぼ同じです。ただ、二つ折り財布は、長財布に比べるとあまりものが入りません。そのため、整理整頓を常に心がけ、カードを入れる枚数も8枚以内と制限を付ければ問題ありません。外出先での買い物などで発生したレシートはこまめに専用のポーチなどに移し替えてしまい、常にすっきりとした状態を保つよう心掛けることも、金運を高める二つ折り財布の使い方です。

 

お札の向きだけじゃない!金運を呼び込む財布の使い方7か条

お札の向きを整える以外にも、金運を上げる財布の使い方もチェックしましょう。

1.レシートは入れっぱなしにせず、レシート専用ケースを別に作ってそちらに入れる
2.クレジットカードなどの類は8枚にすると金運アップ
3.いつも使うクレジットカードやポイントカード8枚以外は、これも専用ケースを作って持ち歩く
4.財布に縁起物のお守りなどを入れる場合は1種類に厳選
5.お金の保存用と持ち歩き用で財布を分けるとさらに良い
6.お金の保存用には黒や茶色の長財布がおすすめ
7.毎日使う生活費を入れる財布はお金を循環させる黄色や水色、グリーンなどがおすすめ

基本的に、財布の中身がお金以外のものでパンパンにならないようにして、整理整頓を心掛けることがポイントです。お金は整理整頓されている場所を好みます。できる限りきれいな状態に保ち、お金が「心地良い」と思ってくれるような環境にしましょう。ご紹介した方法は、いずれもすぐ実行に移せる使い方なので、ぜひ今からやってみてくださいね。

 

1億円札と100万円札でゲン担ぎ!お金が貯まるお札の折り方と財布への入れ方

最後に、金運を呼ぶと言われているお札の折り方をご紹介します。1万円札のゼロ部分をつなげて「1億札」にする方法です。折り方から財布へ入れる手順は以下の通りです。

1.肖像画が印刷されている方を上にして、人物が隠れるように真ん中を谷折りにします。
2.折った右側の端を2cmほど外側に折り返し、左の「10000」表記と合わせて「100000000」と見えるようにします。
3.「100000000」と見えている右側の余っている部分を後ろ側に折り返します。
4.1億札と同じ要領で、千円札を追って100万円札を作ります。
5.財布のお札を入れている部分に2つの折ったお札を入れます。手前に100万円札、奥に1億円札を配置し、財布の中にあるお札をすべてこれらの間に配置したら完成です。

1億円札と100万円札にするお札は新札がベスト。これは他のお札にも言えますが、他人の手を介していない新札は、他人の運気に影響されないまっさらな状態です。できる限り新札でそろえておくことで、金運はさらに良くなります。

 

金運が上がるお札の向きと財布への入れ方などを実践してお金を引き寄せよう

金運をアップさせるお札の向きと財布への入れ方について解説しました。お金を貯める場合は肖像画を下向きに、お金を循環させる場合は上向きにして、その財布に入れるお札の向きは上下・表裏すべて同一にそろえることが需要なポイントです。

お札の向きだけではなく、財布の使い方も同時に実践することで、さらに幸運を招きやすい状態を作れますので、ぜひできることから着手しましょう。あまり使わない余計なものを財布に入れず、すっきりと整理整頓するよう心掛けてくださいね。

金運がみるみる上がる秘密の開運メソッドとは?
「金運の達人」が密かにやっている、金運を上げる秘密の開運メソッドを無料公開しています。

みるみる金運が上がっていく、この不思議なメソッドを知りたい方は、ぜひ無料登録をしておいてください。

>>今すぐ無料登録をする<<

ライター紹介 ライター一覧

kintatsu

関連記事

  • 財布を寝かせる効果とは?使い始めの金額や場所、寝かせる時間がない人向けの方法も解説

  • プレゼントされた財布が金運に良い理由とは?自分から贈る場合も運気アップ!

  • 金運財布の作り方講座!種銭や使い始めの方法を詳しく解説

  • 金運が悪くなる?中古財布がNGになる理由3つと運気をアップする財布の条件

  • 小銭入れの初期設定をして金運アップ!使い始めの中身や入れる金額も紹介

  • 【金運が上がる財布】自分に合う財布の色を風水で解説【スマホケースも】